FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

わたしとあなたの特別な日常 

わたしとあなたの当たり前の毎日

でも あなたがいるから毎日特別

毎日が記念日みたいだね

小さな幸せ 大きな幸せ

大切なあなたに 「ありがとう」


スポンサーサイト
[ 2005/07/11 10:55 ] ちいさな物語 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miugift.blog15.fc2.com/tb.php/8-fa796a02


短編小説 「冬の蛍」。

 重い瞼を開けると、靄のかかったような朝が見えてきた。ベッドの傍らには父が椅子に座って居眠りをしていた。午前5時を少し回っていたが、冬の外は星が置き去りにされたまま慌てて光っていた。 カーテンの隙間から漸く覗いた朝焼けは、大きな欠伸と共にやってくる。約六
[2006/02/04 19:43] URL プールサイドの人魚姫



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。